ココイチおすすめトッピング評

なんとなく思い立ったので記事にします。

私はもしかしたらステマかなにかかと思われるくらいのペースでココイチを利用しますが、さすがにトッピングなしのポークカレーは擁護できません。

トッピングの扱いを覚えてからが真のココイチと言えるでしょう。

 

※著者は魚介類がまるで駄目なため、そっち系のトッピングはノータッチですがご了承ください。

 

 

Web サイト記載順に、ある程度利用するトッピングを列挙していきます。

 

@メンチカツ(250 円)

  • タイプ…メイン具
  • ボリューム…やや重い
  • トッピング相性…チーズ

カツ系にしては手頃な値段で、お肉食べたいなーという時に重宝します。

 

@豚しゃぶ(250 円)

  • タイプ…メイン具
  • ボリューム…中
  • トッピング相性…チーズ、納豆、ほうれん草

量は結構あるのですが、固体として主張するタイプではないので、他のトッピングとの相性が良いのがポイント。

 

@パリパリチキン(250 円)

  • タイプ…サブ具
  • ボリューム…お手頃
  • トッピング相性…ほうれん草、なす

名にもある通りのパリパリの衣がかなり評価ポイント。ボリューム的に他のトッピングとの併用もしやすいのが良いです。

 

@ハンバーグ(250 円)

  • タイプ…メイン具
  • ボリューム…中
  • トッピング相性…チーズ、完熟トマト

財布に余裕があればチーズと併用するとかなり幸せになれます。ハーフハンバーグカレーとして注文すると小さいハンバーグになる点に注意(別途ハンバーグトッピングをお願いすることになります)

 

@チキンにこみ(200 円)

  • タイプ…サブ具
  • ボリューム…中
  • トッピング相性…やさい

タイプとしては豚しゃぶに近いです。野菜と併用すると夏限定のチキンと夏野菜カレーっぽくなるので恋しいときにもおすすめです。

 

@ほうれん草(200 円)

  • タイプ…ベース
  • ボリューム…お手頃
  • トッピング相性…パリパリチキン

軽めのトッピングなので、ほうれん草が好きなら積極的に絡めていきましょう。

 

@やさい(200 円)

  • タイプ…メイン具
  • ボリューム…意外とある

ポークカレーがほぼ具なしの荒野状態なのに対して、一気に野菜が増えます。けっこう重いのでトッピング併用は要注意

 

@なす(150 円)

  • タイプ…サブ具
  • ボリューム…小
  • トッピング相性…肉系全般

ちょこんと乗っかるだけなので、肉系トッピングのお供に最適

 

@完熟トマト(100 円)

  • タイプ…ベース
  • ボリューム…小
  • トッピング相性…ハンバーグ、チーズ

チーズと合わせてなんちゃってイタリアンにするのがおすすめです。

 

@チーズ(180 円)

  • タイプ…ベース
  • ボリューム…お手頃
  • トッピング相性…ほぼ全

驚異のトッピング相性だが、意外と高いので注意…辛さ抑制にも効果的です。

 

@オムエッグ(150 円)

  • タイプ…サブ具
  • ボリューム…中
  • トッピング相性…ハッシュドビーフ

たまにはハッシュドビーフ食べてみるかとなったときに合わせてみたらいい感じでした。

 

@納豆(150 円)

  • タイプ…サブ具
  • ボリューム…お手頃
  • トッピング相性…豚しゃぶ、チーズ

そもそもカレーに納豆というのがまだ市民権を得てない感あるんですが、納豆好きなら大丈夫だと思います。チーズとの併用も是非試してみましょう。

 

書いてみて思いましたが、カツ系ほぼノータッチですね…秋季限定のささみカツは頻繁に食べるんですけども。

お財布に注意しながら快適なトッピングライフを送ってください。

 


「ココイチおすすめトッピング評」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。